資本金 【しほんきん】

資本金【しほんきん】とは、会社設立に際して、業務を行うための資金・商品・業務運営において、どれだけの資産があるかを示すものです。
以前は株式会社を設立するのに必要な最低資本金は1000万円以上(有限会社の場合は300万以上)が必要とされていましたが、新会社法が施行(2006年5月1日)により、最低資本金制度が撤廃され、資本金1円でも会社設立が可能になっています。

用語集へ戻る