登録免許税 【とうろくめんきょぜい】

登録免許税【とうろくめんきょぜい】とは、登録免許税法に基づき、登記・登録・特許・免許・許可・認可・認定・指定及び技能証明について課せられる国税のことです。
会社の設立登記申請時には資本金の金額の1000分の7の登録免許税を納めなくてはなりません。1000分の7の金額が15万円に満たない場合には、一律15万円の税額となります。

用語集へ戻る