定款の謄本 【ていかんのとうほん】

定款の謄本【ていかんのとうほん】とは、戸籍謄本・登記簿謄本の「謄本」と同様、原本の内容を全部写して作った文書のことです。
公証人役場で定款の認証を受けた場合、通常定款の謄本は2通取得し、1通は会社に控え、1通は法務局に提出します。
定款の謄本は銀行や役所に提出を求められる場合があります。

用語集へ戻る