会社設立に必要な費用 

2002年2月に「中小企業挑戦支援法」が国会で可決され、1円起業が可能となりました。
1円起業とは、事業を営んでいない個人が創業者となって、資本金1円で会社を設立することを指します。それまでの商法では、株式会社は1000万円・有限会社は300万円の資本金が必要とされる「最低資本金制度」が適用されてきましたが、新会社法ではこの制度が撤廃され、5年後も1円起業のまま継続できると定められています。
しかし、言葉の通り資本金が1円であったとしても、会社設立にかかる費用が1円なわけではありません。
会社設立には資本金以外にも、さまざまな手数料がかかってきます。

法的手続きにかかる費用

  • ・定款の収入印紙代 … 40,000円
     ※定款を電子で行えば収入印紙代はかかりません。
  • ・認証手数料 … 52,500円
  • ・謄本手数料 … 250円/1枚
  • ・登録免許税 … 15万円

資本金

法律上、資本金は1円でOKですが、社会的信用面から考えてもある程度の金額を用意しましょう。

会社印

会社印(会社で使う印鑑)も作る必要があります。
会社印は登記時はもちろん、設立後にも使用することになります。材質・セット内容等によって料金には幅があります。
代表者印(代表者印は、設立登記のときに会社実印として法務局に印鑑登録するもので、会社設立時には必ず必要となります)・会社印・銀行印の3点セットになって割安で販売されており、インターネットでは最安値で1万円台から存在します。その他、印鑑登録手数料が100円前後・印鑑証明書発行に300円程度の手数料もかかります。

専門家への報酬

専門家に相談・依頼・代行にあたって支払う費用も考えておきましょう。各事務所によって料金・サービス内容は異なります。とにかく安く済ませたい、完全代行を希望する、スピードを優先する、設立後の経理手続き等についても相談したい等、ニーズに応じて専門家に依頼しましょう。

会社によって異なる資本金の額を除き、このような手続きに関わる費用を見積もると、最低でも30万円程度の費用が発生すると考えておきましょう。