会社の種類 

2006年5月1日施行の新会社法では、会社の種類は、株式会社・合同会社・合資会社・合名会社の4種類と定められています。皆さんが日頃接する多くの会社は株式会社ではないでしょうか? ※有限会社も目にする機会があるでしょうが、有限会社は新会社法施行以前に設立された会社の種類で、現在の株式会社は、従来の株式会社と有限会社をあわせ持った性質になっています。ここでは、それぞれの特徴について解説します。

株式会社

社員(株主・出資者)の地位・権利は株式という形で均等に分配され、社員は会社に対し、出資額を限度とした間接有限責任しか負いません。株主平等の原則や前述した社員の間接有限責任が株式会社の特徴です。

合同会社

新会社法で創設された種類の会社で、すべての社員が有限責任であり、定款記載の出資の額までしか責任を負いません。社員全員の一致がなければ定款の変更、その他の会社の在り方を決定できません。各社員が業務執行権と代表権を有するということが合同会社の特徴です。

合資会社

無限責任社員と有限責任社員から構成される会社です。
有限責任社員は定款記載の出資額を限度とする責任を負うにとどまります。無限責任社員と有限責任社員がそれぞれ1名以上存在しなければならないこと、無限責任社員と有限責任社員は、いずれも定款に別段の定めがある場合を除いて会社の業務執行権と代表権を有することが合資会社の特徴です。

合名会社

社員の全員が会社債権者に対して連帯かつ無限の責任を負う会社です。社員の全員が無限の連帯責任を負うこと、各社員が定款に別段の定めがある場合を除き、会社の業務執行権と代表権を有するということが合名会社の特徴です。

なお、設立後も手続きを行えば、他の種類の会社に変更することも可能です。自分にとってベストな形で会社を設立するために、その種類を決めかねる方は専門家に相談してみましょう。