会社設立のメリット 

会社設立をした方がいいのか、個人事業主として経営を続けるのがいいのか。
迷っているという方も多いのではないでしょうか? ここでは会社設立に関する一般的なメリットを紹介します。

社会的信用が増します

株式会社で事業を行うと、個人事業主と比べて信用力が大きくなり、特に新規で取り引きを行う場合には強い力を発揮します。
その理由は、個人事業主としてビジネスを行う場合と比較すると法人は、今後のビジネス展開を視野に入れて設立時にコストをかけ、法的手続きを経た上で設立されていることや、一般的に多くの人の関わりがあることから撤退することも難しいため、信用・信頼できるという評価が得やすくなります。

取り引きをするとなったら、ビジネスパートナーとして信用される存在でなければなりませんから、法人であることでイメージが良くなり、取り引きの幅が広がることも考えられます。
逆に、法人でないと取引の対象にしないといったこともあります。

社会的信用はがもたらすメリットは直接的な営業活動だけでなく、金融機関から融資を得やすくなる、事務所や店舗などを借りやすくなる等の意味もあります。

資金調達がしやすくなります

個人の場合、資金は経営者個人の自己資金か借入金のみとなります。その点、株式会社の場合なら株主から、合同会社の場合なら社員から出資金を集めることができます。そのため、会社のほうが個人事業よりも多くの資金を集めることが可能です。
金融機関からの融資も、会社のほうが受けやすいと言えるでしょう。

税金が安くなります

個人事業主の場合、所得は「事業所得」となりますが、会社設立をした場合、法人から自分に給与を支払うことになります。

つまり、代表者についても給与所得が入ることになるため、給与所得控除が認められ、事業所得の実額経費より有利になるケースがあります。ある程度の所得がある方は、個人事業主よりも会社を設立した方がメリットがあると考えていいでしょう。

経営者・出資者(株主)は、有限責任となります

個人事業主は事業上の責任・債務について無限責任を負うことになりますが、法人の場合、経営者・出資者(株主)は自分の出資の限度の責任(有限責任)しか負いません。金融機関から借り入れをして事業を始めたものの失敗し、倒産してしまったとき、法人であれば自分の財産を債務に充てるという事態を回避することができるということです。
当然、個人事業主であれば借りた金額分の返済をする必要があります。

しかし、会社として借り入れを申し込んだとしても、借り入れにあたっては代表者が連帯保証人にならなければならないこともあり、仮に会社が倒産して払えなくなった場合でも、連帯保証人として返済する必要が出てきます。事実上は無限責任と同じ扱いです。

ビジネスを成長させやすくなります

1つの仕事を複数の専門家が協力して行う場合、それぞれが個人事業主である場合は、一人ひとりが取引先と契約をしなければならなくなります。
その点、法人の場合は、その会社が契約をすればよいので、取り引きが非常に簡単になります。経費についても会社の経費として一括で処理することができ、処理も簡単になります。また、規模の小さな取り引きであれば契約関係がもたらす影響は大きくないかもしれませんが、対法人向けの大きな取り引きとなれば、組織的に仕事ができる点を評価され、ビジネスを成長させやすくなることもメリットの1つだと言えます。

事業を継続しやすくなります

個人事業主は、個人が顧客と契約を結ぶため、何らかの事情で事業が続けられない状態になった場合、事業を存続することが難しくなります。その点、法人の場合は、会社間の取り引きとなるため、担当者が代わったとしても取り引き関係に与える影響はそれほど大きくないと言えます。また、本人が事業を辞める場合でも、会社を他人に売却することができるため、事業自体は継続することができます。

社会保険への加入が可能です

法人に保険料負担が生じますが、労災保険や厚生年金保険などへの加入が可能となります。

自分に対する退職金の支給が可能です

個人事業主では、自分に対して退職金を出すことができません。法人であれば、自分に退職金を支払うことが可能です。

以上、会社設立の主なメリットを紹介しましたが、設立登記費用がかかる、赤字でも最低7万円の地方税負担がある、会計事務の増加等のデメリットもあります。

あくまでもメリット・デメリットは一般的な話に過ぎません。あなたにとって、会社設立がプラスとなるかどうか判断しかねる場合は、専門家の先生に相談してみることをおすすめします。